普通ではない男 その1。

3月15日は、午前6時45分から午後10時半まで
普通ではない男、天橋君とずっと一緒。
朝イチで、京都駅から米原経由で金沢へ向かう僕達。
途中、加賀温泉駅で合流した きもの処いしかわの女将さんの
石川陽子さんと三人で新幹線で長野市へ。
駅前で待っていてくれたのは、山形の東北出羽屋の石山さんと桐生さん。
お二人の車に乗せてもらって、五人で須坂市へ。
お昼前に到着したわたこう本店さんの大きな茶室をお借りして始まるのは、
茶事ではございません。
主の中野隆仁さん、 良子さん御夫妻が用意して下さった
熱々のおやきを頬張りながら みんなで始めたのは、
ドラマの衣装の選品会。
一時間半後、怒涛の勢いで六名分の衣装の粗選りを終えて、
わたこう本店さんを出発、一路 東京を目指します。

東北出羽屋号の頑張りで予定より早く到着した目黒。
これから始まる採寸と簡単な衣装合わせの前に軽く腹ごしらえといきましょう。
各自、メニューから好みの料理を注文しますが、天橋君は違います。
いささかの迷いもなく「黒ビール!」
彼は食事中にこの言葉をあと二回発しました。
衣装合わせの進行役の天橋君、石川さんや出羽屋の二人のサポートと
アルコールのおかげで絶好調、彼が大好きな女優さんにも
喜んでもらえるプレゼンが出来た模様、
よかったですね。

東京駅で、石川さんや出羽屋さんたちと別れたオヤジ二人が向かうのは
大丸の地下の食品売り場。
ここで、それぞれ好みの食材を調達致します。
新幹線の車内で再集合、僕がエンガワの押し寿司とお茶を袋から出すと、
天橋君はオードブルプレートとワインをテーブルの上に。
それを新横浜に停車する前に平らげるやいなや
車内販売でまたワインを注文する彼。
それをふた口で飲み干すとおもむろにテーブルの上に置いたのは、
どこで買ったのか、漫画 ゴルゴ13。
なのに読み出して数分後に本を閉じる天橋君。
「先輩、この漫画、難しいですわ」
実は彼、四文字熟語や横文字が苦手なんです。
それを指摘すると、今度は「字が小さいんですわ」とのたまいます。

憂うべき事例が散見される昨今ですが、
こんな男でも社長という立場になれる日本という国は、
まだまだ捨てたものではないと実感する普通の男のわたくしでございます。


はじめまして。

ドラマの衣装は「ふたがしら」でしょうか?
シーズン1の着物、帯 素敵でした。
あま宮さんの衣装展示会も行ってみました。

2も楽しみにしております。
(検討違いのことでしたらすみません…)
  • yosi
  • 2016/03/18 9:50 PM
yosiさん、ほじめまして。

ふたがしらの衣装をお褒め頂きまして誠にありがとうございます。
その上、衣装展にもお運び頂きましたこと、
重ねて御礼申し上げます。
シーズン2、期待してください!
  • 桝蔵
  • 2016/03/19 6:29 PM

It comments.










Track back Url of this Article
http://weblog.muhouan.jp/trackback/1419
Track Back